日々のよしなしごと。ひとりごと。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

温泉2日目

早朝起床す。もちろん温泉に入るため。

海沿いにあるこの宿。窓の外は海を一面見渡すことができるのだけど、
夜の雨がすごくて、ちょっとびっくり。
ほんとの嵐だったら、どうなってしまうのだろうか。

100316_0617321.jpg
海沿いの駐車場に止めた車も無事でした。

朝は、朝食前に大浴場へ。
その後で朝採り野菜をいただく。
100316_0703441.jpg
7時〜なのだけど、もうすでに野菜を求めて人待ちが。笑
さて、朝採り野菜って、一体何時に採るんでしょうね?
日が出る暗いうちからなんでしょう、ね?
でも、ほんとみずみずしくて甘くておいしいんです。

100316_0717481.jpg
朝食準備中。
朝早くからお部屋に準備していただいて、恐縮。
そしてなんて贅沢なんでしょうねぇ。

100316_0713021.jpg
ゆずいりヨーグルト、おいしい♪

100316_0731101.jpg
朝食もとってもおいしかったのだけど、
ダイエットで食事量が落ちたのもあって、
全部は食べきれませんでした。泣
でも釜で炊いたご飯を朝からいただけるなんて、幸せ♪

その後で、急いで二度目の貸切風呂へ。
仲居さんの粋な計らいで、朝食後にも貸切露天風呂に入れることに。
わーい、昨日と違うタイプのお風呂でとっても得した気分に♪
人はサプライズに弱いよねー。笑

100316_0853521.jpg
朝入る露天風呂はとっても気持ちがよく、
お日様も出てラッキーでした♪

100316_0843191.jpg
休憩出来るチェアースペースがついているので、
ガウンを着てゆっくりくつろいだり、また湯に浸かったり♪
一日目はサウナ付きの貸切風呂だったけど
二日目のタイプの方がクールダウンしながら
のんびりできていいかも。

続きを読む >>
温泉1日目

久しぶりの温泉一泊旅行♪♪♪
オットの誕生日のお祝いを兼ねて、東伊豆へ。

6年振りに訪れたその宿は、イメージを美化しすぎてしまっていたのか
あれ、こんな感じだったっけ?っとややがっかりしたところもあったけど、
料理を堪能し、温泉も2日間で計6回も入って満足でした。

未だなんちゃってダイエット中なので、
今回の旅で体重が増えるんじゃないかと心配したけど、
実際に増えたけど、魚中心のメニューだったので、
少しの増加ですみました^^;はは。

天気もなんとか降ったのは夜だけだったので、
傘もさすことなくすんで良かった。

100315_1334431.jpg
宿に着く前にランチタイム。
熱川で鯵のたたき丼をいただいて、
近くの海沿いに足湯があったので、寄ってみることに。

100315_1329251.jpg
それがこの温泉、かなり熱い!周りを見渡すと、
他の方々も、足をお湯に入れたり上げたりと、
みんなとっても熱そうな模様。笑
でも次第に慣れてきて、少し長く浸けることができるようになり、
その後は、体がぽかぽかに♪かなり温まりました。

100315_1412311.jpg
宿にチェックインしたあとは、お抹茶と和菓子で一休み。
貸切風呂の時間まで時間があったので、
伊豆高原のさくらの里へ行ってみることに。

100315_1504111.jpg
が、桜はほとんど咲いておらず・・・
早咲きの桜にはもう遅く、これから咲く桜には早い時期だったみたい。
ま、そんなに期待して行ったわけではないから、いいけど^^
奥の黒い山は大室山。野焼き?されて真っ黒。

続きを読む >>
沖縄番外編
JUGEMテーマ:沖縄

沖縄滞在中にコンビニでおにぎりを買うと、
「温めますか?」と聞かれてびっくりした。

朝食用に、前日に買いに来ているので、
温めてもらわずに帰るのだけど、
温めるのが沖縄ルール?なのかな。

@Hotel
ポークってのは、スパムのようなハム。
それとタマゴ、シーチキン入りの四角いおにぎり。
サイズはちょっと大きめ。

@Hotel
とってもおいしくて気に入った♪
おにぎりというよりも具をくるっとご飯で巻いていて、
具が落ちないようになっているので、食べやすい!
たしかに、こういう具なら温めて食べた方がおいしいかも。

別の日に、こんどはパーキングでおにぎりをいただいた。
今度こそはと、レンジでチンしてからいただくことに。
@Nakagusuku
手前がポーク、たまご、味噌入りのおにぎり。
やっぱりこのサイズ。大きめ。
そしてご飯がくるっと巻かれていた。
このスタイルが定番なのね〜。

そして温めて食べたら、もちろんよりおいしかった♪
ちょっと甘辛い味噌味もいける〜^^

そして奥に見えるのが、ジューシーおにぎり。
ジューシーって何かと思ったら、
見た目どおり、かやくご飯でした。
沖縄5日目(最終日)
JUGEMテーマ:沖縄

さていよいよ最終日。

帰りの飛行機が14時45分と中途半端な時間なので、
特に予定を組まず、ドライブして、お昼を食べてから、
レンタカーを返却することに。
 
@Naha
滞在ホテルの裏口。駐車場(3F)からパチリ。
 
チェックアウトをすませ、車に乗り込もうとしたら、
ホテルの写真を1枚も撮っていなかったことに気づく。
裏口だけど記録ということで。笑

@Naha
ついでに駐車場となりのお宅も。笑

緑がワサワサしてて、野趣あふれる街並みに和む。
このお宅に限らず、ベランダから緑があふれている住居をよく見かけた。
緑の勢いがすごくて、こういうところも沖縄っぽいなぁと感じて嬉しくなる。

さてドライブは。
行き先として考えていたのは伊計島で、途中、海中道路といわれている
海上を走る道路があってとてもきれいそうだったので
行ってみたいと思っていたのだけど、ナビで検索したら、
2時間位かかるというので、却下に。
 
結局、残波岬辺りを目指すことに。
 
@Zanpa高速使って、なんなく到着。
2日目にお世話になったマリンハウス前を
通りかかり、妙に懐かしく感じる。笑
そこを通り過ぎて、残波岬へ。
いこいの村という施設があったのでここで駐車。
子供の遊具やヤギなどの動物がいたり、
極めつけはでっかいシーサーが。
(写真奥がシーサー)


海岸へ降りてみることに。
@Zanpa
やっぱりこの時間帯は引き潮。とってもおだやか。
 
@Zanpa
岩場の緑もあざやか。
 
ことあと、真栄田岬にも立ち寄ってみることに。
まだ新しい駐車場と売店やダイバーの講習なども行える
スペースがある管理施設があり、整備されて2年位とのこと。
展望台や海に降りれる階段があって、そこから海に入れるようです。
この日は日曜日だったので、たくさんの人で賑わっていました。

私が学生の頃に沖縄旅行にきた時は、恩納村か読谷村のペンションに
滞在だったのだけど、ペンションの名前どころか具体的な場所も覚えていなくて、
おぼろげだったのですが、海岸線をドライブしながら景色を見ていたら、
なんとなく薄い記憶が蘇ってきて、もしかしたこの辺り(読谷村)だったかも、なんて。

でも当時は、残波にあんなに大きなシーサーはなかったんじゃないかな。
もちろん、真栄田岬もこんなに観光地化されてはいなくて、
随分変わってしまったなぁと、あらためて学生時代が遠い昔のことのように
実感させられました^^;

結局、思い出を辿るドライブになってしまったような。笑

さて、那覇に戻ってお昼を食べることに。
最後はやっぱり沖縄そばが食べたくて、
1日目に行ったおそば屋さんに行ってみることに。
が、定休日でした。残念!

では、レンタカー屋に向かいつつ、途中にあったおそば屋さんに。
@Naha
沖縄(ソーキ)そば。

オットが軟骨そばをオーダーしたので、お肉を1つずつ交換(右奥が軟骨肉)
飛び込みで入ったけど、とってもおいしかったです。
軟骨はコリコリした食感で、全然噛めるけど、ずっと食べていると、
かなりあごが鍛えられました。笑
でもカルシウムとコラーゲン補給になったはず。笑
沖縄料理ってほんとヘルシーで大好き。

満腹になったところで、レンタカー屋へ。
車を返却して、空港まで送迎してもらう。

@Naha
着いた時もいい天気だったけど、帰る日もいいお天気。
青空と照り返されたコンクリートが眩しい!

@Naha
最後に〆にブルーシールのアイスクリーム♪
マンゴーとバニラのミックス^^
 
 *
 
総じて大満足の沖縄の旅でした。

今まで海外旅行で南の島にもいろいろ行ったけど、
ハワイよりも、サイパンよりも、オーストラリアよりも、
沖縄の海が一番きれいだったかも。
ま、今回は天候にも恵まれたのも大きいかな^^

今回行って、良かったところはまた行きたいし、
北部の方はまだ行けてないし、
離島でのんびり滞在もいいし、
まだまだ行きたいところがいっぱい。

@Zanpa
またいつか沖縄で、色鮮やかなハイビスカスが見れますように。




沖縄4日目
JUGEMテーマ:沖縄
 
ホテルの朝食を食べてみることに。
満席になってしまって少し待たされたけど、
バイキングで1人700円はかなり良心的。
なかなか良かったです。

さて、この日は南部にある斎場御獄(セーファウタキ)辺りと
中部の中村家に行ってみることに。
 
沖縄には数多くの御獄(ウタキ)があって、
斎場御獄は沖縄最高の霊地とされている場所で、
世界遺産としても登録されています。
 
@Nanjyo
三庫裏(サングーイ)

斎場御獄にもいくつかの御獄があって、中でももっとも
見応えのあるのがこの三庫裏(サングーイ)。

巨大な2つの石で構成され、三角形をした洞門の奥に
拝所があります。この洞門は約1万5千年前に起った
地震の断層のズレから出来たと言われているそうです。
 
@Nanjyo
拝所からは久高島を望むことができました。
 
@Nanjyo
御獄だけでなく、この場所自体にパワーを感じ、
いにしえの時の流れとともに、自然のなかに神を見出したような
とてもとても神聖な気持ちに。
 
@Nanjyo
斎場御獄で癒された後は、この近くにあるおすすめカフェに行くことに。
がしかし、聞いていた情報がやや曖昧で、おすすめカフェを
見つけることが出来ず、結局、別のカフェに行ってみることに^^;
   
@Nanjyo
かわいい看板に惹かれてたどり着いたカフェ
 
@Nanjyo
が、こちらのカフェ、眼下にビーチが見渡せる、
景色がめっちゃ最高のカフェでした♪
 
@Nanjyo
窓が開いていて、開放的な気持ちのいい空間♪

開店時間直後に着たので、他にお客さんの姿はなく、貸切状態。笑
オーナーとお話してみたら、もともとはちんすこうのお店なんだとか。
カフェは、この場所に数週間前にオープンしたばかりの、
まだ新しいお店でした。
 
@Nanjyo
コーヒーと一緒に、アイスクリームサンドとちんすこうの
セットをいただきました。おいしかった〜♪

ほんとに気持ちが良くて、もうしばらくここでぼーっと
したいところだったけど、次に進まねばならず。。。

さて次に目指すは奥武島にある天ぷら屋さん。
カフェでややお腹が満たされたものの、おすすめと聞いていたので、
行かない訳にはいきません。笑
 
@Nanjyo
お店に到着。ひっきりなしにお客様が。
 
@Nanjyo
テイクアウト。もずくの天ぷらをいただきました。うまい!!!
 
食べ続きにも関わらず、そろそろランチタイム。
おそばなら食べれるかも?ということで、近くのにあった
もずくそばのお店に行ってみることに(よく食べるな〜)笑
  
@Nanjyo
雨だったけど、せっかくなので海を眺めながら外の席で。
 
@Nanjyo
で、オーダーしたもずくそば、なんとセットでした!笑
500円でこの量。さずがにかやくご飯は食べ切れなかったので、
お持ち帰りに^^;

もずくそばのそばは、もずくが練りこんであってつるっとしてました♪
 
さて、お腹がとっても満たされた後は、島をちょっとドライブ。
といってもすごく小さな島なのですぐに終了。
@Nanjyo
  
@Nanjyo
途中、海岸に降りてみるも、引き潮で海は遠く。。。笑
 
@Nanjyo
でもこんなにたくさん貝がいて、
食べれるのであれば、捕り放題?

島を後にし、次に向かった先は北中城村にある中村家
沖縄本島内で、屋敷構えがそっくり残っているのは
とても珍しいそうで、見学に行ってみました。
 
@Kitanakagusuku

@Kitanakagusuku
トゥングワ(台所)

@Kitanakagusuku
家の周囲が高台の道になっていて、散策することができました。
  
中村家の後は、那覇へ戻って三線屋さんに行くことに。
オットが行きたいというので。少し悪い予感が。笑
 
ちょうど沖縄に来る前に、TVの番組で那覇を紹介していて、
そのとき紹介されていたお店にいってみました。
 
@Asadoお店の方に、いろいろ話を聞きながら
試し弾きしているとやはり欲しくなって
しまうもので?

親切でとても信頼できるお店だったので、
とうとう買ってしまいましたよ、三線^^;

今では軽快な音が我が家で鳴り響いています。笑
ちゃんと弾いてくれるなら、買った甲斐が
あったというものですが。

さて、ホテルに戻りモノレールに乗って、
まだ行ってなかった、牧志公設市場へ。
今日は沖縄滞在最後の夜。最後に市場で早めの夕飯を食べて、
お土産を物色しに行くことに。
 
@Naha
市場の入り口に面した商店街。
夜に来たときはお店がだいぶ閉まっていたけど、
明るい時間帯は活気がありました。
 
@Naha
市場内部。アグー豚が食べたかったけど、今日は食べすぎで
肉が食べれそうもなく、結局、魚屋さんに。
 
@Naha
客引きがものすごくて、ちょっと疲れた。笑
 
1Fで買った魚を2Fで調理してくれるというのだけど、
どうなんだろう。買ったお店と調理してくれるお店って。。。
いろんな意味で不信感が。

すでに観光地化されてしまっているようです。
個人的にはちょっとがっかりかな。。。お値段もそこそこするし。
昔ながらの雰囲気は好きなんだけど。
 
@Naha@Naha
@Naha@Naha
いただいたのが、この4品。
魚代が1人1000円。調理代が1人500円。
2人で3000円かかっています。
右下のあら汁は、鍋で出てきてかなりの量でしたが。
ビールを2人で1杯ずつ飲んだら全部で4000円位に。

ま・・・、一度はね。食べてみないとね。笑
 
食後は市場近くの商店街で泡盛などをお土産に買い、
最後に、お気に入りになってしまった最初の夜に行った居酒屋へ。
(私はお腹がいっぱいだったのだけど)
 
@Asado@Asado
2品だけ。ゴーヤちゃんぷると昆布イリチイ。
 
食べつくした感じで、4日目終了。笑

市場や周辺の路地などは、ゆっくりまわったら
撮り所がいろいろありそう。
次回はじっくり撮ってみたいなぁ。
  
 
 
5日目へ続く。
沖縄3日目
JUGEMテーマ:沖縄
 
@Hotel
ホテルの部屋から、日の出を眺めて。
雲が多いけど、この時はまだ晴れていた。
 
3日目は名護で昔の上司と待ち合わせ。
その後、夕方から美ら海水族館に行くことに。

以前に勤めていた会社の上司がリタイヤ後、
ご両親の地元の沖縄に戻られていたので
連絡してみたら、幸運にも会えることに♪

名護のパイナップルパークで待ち合わせとなりました。
今日は高速道路を使って行くことに。
高速道路、めっちゃ空いてました。超快適。笑

快調すぎて時間調整のため、途中のサービスエリアで休憩。
@Igei
日本最南端のサービスエリア。屋根の造りが沖縄っぽい。
 
 
@Nago
名護パイナップルパークの駐車場にて。

名護に着いたら、雨が。。。
しかもかなりの土砂降り。
雨粒が大きくて、雨の量がものすごい。
これが沖縄の雨なのだと知り、びっくり。
 
さて、無事に元上司と再会することができました。
とってもお元気そうで、更に奥様ともお会いできて感激。

一緒にパイナップルパークへ。
施設は一応屋根あり。
カートで移動中にパイナップル畑があって、
パイナップルってこんな風になるんだ〜と感動するも、
雨がすごすぎて写真は撮れず。
その後は、お土産コーナーで試食三昧。いろいろ食べ比べ♪
 
 
パイナップルパークを後にして、ランチへ移動。
@Nu-ji
古民家カフェに連れて行っていただきました。
こんなところにこんな素敵な場所があるなんて♪
 
 
@Nu-ji
沖縄そば。すでにパイナップルパークで試食をいろいろ食べていたので、
半そばを。笑 でもここのおそばはとっても上品なお味で、
さっぱりいただけました。おいしかった〜♪
 
 
@Kouriobashi
食後は古宇利島を一周してから今帰仁城跡へ。
  
 
@Kouriobashi
古宇利島へは橋でつながっています。
それにしても、天気だったらもっときれいだったんだろうなぁ。
 
でも不思議なことに、車で移動中は大雨でも、
食事の時も古宇利島も今帰仁城跡も、
車から降りた時は、雨がほとんど止んでいて。
何のご利益だったのか?笑
  
そして、今帰仁城跡(ナキジングスクあと)に到着。
何故に今帰仁城跡にきたかというと、
元上司は今帰仁にお住まいなのですが、
ボランティアでここでガイドをされているのです。
この日は予定があったので、ここでお別れになってしまったけど。
ほんと楽しいひと時で、いろいろ案内していただいてとっても嬉しかったです♪
ちょっとしゃべり足りず、名残惜しい感じでお別れに。
なんだか勝手にだけど、親戚気分でした。笑
次にまた再会できることを祈って。
 
   
@Nakijin
別の方にガイドしていただきました。
今帰仁城跡も世界遺産に登録されています。
 
 
@Nakijin
この城郭の石垣は、割った石を積み上げて造られています。
 
 
@Nakijin
平郎門。元々は階段はなく、米軍の車が通れないように
後から階段を造ったのだそう。
 
 
@Nakijin
こちらが旧道。足場はあまりよくないけど、
せっかくなので旧道の方を登っていくことに。
 
 
@Nakijin
途中、何とかまきまき(名前忘れた)という、カタツムリみたいな昆虫を発見。
すごく珍しいんだそう。雨上がりだったからたくさん出てきていたのかな。
 
  
@Nakijin
主郭(俗称、本丸)
 
城内で最も中心的な建物があった場所。
王様が住んでいたのがここではないかと。
意外に土地は狭いけど、当時としては立派な建物だったのでは
ないかということでした。
 
 
@Nakijin
お城の裏側は高さが100mほどある、川や谷の急斜面となっていて
防衛上極めて優れた地勢となっているそうです。
緑が深くてとってもきれいでした。。

この辺で大雨が降り始めて。ご利益も終了?笑
足元びしょびしょになりながら、ガイドしていただきました^^;
 
  
@Nakijin
そしてここにも御獄(うたき)が。
 
沖縄で御嶽(うたき)とは神が降臨し鎮座する聖域のことを指します。
神社で言う本殿のようなところ。
ここでは、お願い事をすると美人になれるんだとか。
よーくお願いしておきましたけど。笑
  
最後の最後で雨に降られてしまったけど、今帰仁城跡、
静かで周囲は緑が深くて、すごく神聖な場所でした。
ガイドしてもらえると、ただの石もすごく意味があったりするので、
より知ることが出来てとってもよかったです。
  
 
今帰仁を後にして、前から行ってみたかった美ら海水族館へ。
夕方から入場料が安くなると聞いていたので、あえて夕方に。
比較的空いてて良かったです。
   
@Churaumi Aquarium
美ら海水族館とえばこの大水槽!ジンベイザメやマンタが見物だけど、
それ以外の魚達もかわいくて、ずっと見てても飽きず。

ちょうど、餌付けタイムにも遭遇して、ジンベイザメの衝撃的な食事シーンを見て
びっくりしたり。笑
 
 
@Churaumi Aquarium
大水槽横にレストランが併設されてて、
ブルーと魚の世界に浸りながら軽食を。
窓際は争奪戦だったので、窓際の手前の席を確保。笑
 
雨だったのと、予定より到着が遅れてしまったので、
屋外の施設はあまり見れなかったけど、イルカのショーや公園など、
ほんとはもっと見るところがあったので、次回はゆっくり来れたらいいなぁ。
それにしても美ら海水族館、大満足でした!

水族館を後にして、ホテルへ帰ることに。
軽食をもうすでに食べていたので、夕飯は軽めで良かったんだけど、
ホテル近くの海鮮が食べれる居酒屋に行くことに。笑
    
@Naha@Naha
@Naha@Naha
@Naha@Naha
正直、ここは期待はずれ。値段が想像以上に高くてもう二度と行かないかな。
だから写真はまとめて小さめ。笑
 
この後、ホテルに戻って就寝。
 
 
 
4日目に続く。
沖縄2日目
JUGEMテーマ:沖縄

2日目は海へ!
天気予報も晴れとあって、嬉しい限り^^
海なんて、普段は全然行かないし、日焼けもしたくないけど、
せっかく沖縄に来たのだから、やっぱいっとかないと!と思い、
日焼け止めを重ね塗りしながら、いざビーチへ。

ホテルを7時頃出発して、8時過ぎにマリブビーチに到着。
予約していた青の洞窟のシュノーケリング&カヤックコースに挑戦。

じつは私、カナヅチ^^;
なので、海系はほんとにニガテで、じつは数日前からドキドキしてました。笑
 
 
@Onna
今回お世話になったお店
 
 
@Onna
お店の目の前がビーチ。
 
 
@Onna
水着とバスタオル以外は全てお店でお借りしました。
カヤック道具、ウェットスーツ、ライフジャケット、水中めがね、
フィン、シューズ、帽子など。

カヤックもシュノーケルもほんとドキドキもんで、
私、大丈夫なのか?と心配して挑みましたが、
スタッフの方がとても親切に、指導・引率していただけたので、
泳げない私でも、なんら問題なく楽しむことができました^^

準備をしたら、まずは2人乗りカヤックで、
青の洞窟がある真栄田岬を目指します。

結構疲れますが、風が気持ちがいい。
エッチラ、オッチラ、漕いでまずはポイントの近くに上陸。
ちょっと休憩してからシュノーケリングの準備をして、いざ青の洞窟へ。

最初はスタッフの方の浮き輪につかまって移動していましたが
思い切って手を放してみたら、なんてことない。
ライフジャケットがあるので、私でも全然問題なくシュノーケルできました。笑

もう、海はめちゃめちゃきれいで、海に反射した光が青く輝いて、
まさに青の洞窟♪感動!!!

魚もたくさんいて、まるで自分が水族館の中にいるようでした。
今回のツアー
 
思い切って参加してよかったー♪真栄田岬、最高!!!
シュノーケルの後は、カヤックでビーチハウスに戻ります。 
 
 
@Onna
スタッフさんのワンちゃんが、ウトウトお昼寝するところ。
潮風に吹かれながらとっても気持ち良さそうでした。

 
さて、海を満喫したあとは腹ごしらえに。
お昼は近くの道の駅に行ってみました。
その名も「おんなの駅」!
オットが看板を見て、「ここじゃないよね?」というから、
「いやや、ここだよー、あってるよ!」
ここは恩納村(オンナ村)とう地名なので、おんなの駅というのです。
知らずに看板見るとびっくりするけど。笑
@Onna
食べ物もいろいろ選べるし、ローカルな雰囲気で
ランチを食べるにはちょうどいい感じ♪
 
 
@Onna
ムール貝のホワイトウニソースがけ。
一見、マンゴーピューレに見えるけど。笑
おいしかった!
 
 
@Onna
タコライスをいただきました!
けっこうボリュームあり。満腹^^
 
 
さて、お昼の後はホテルに戻って一休み。
楽しかったけど、頭痛が。。。
疲れと、きっと緊張からかと。笑
シャワーを浴び直し、ひと眠り。
 
 
夕飯はホテル近くのステーキ屋さんに行きました。 
@Naha
那覇で老舗のステーキ屋さんとのこと。
  
  
@Naha
ステーキといっても、とっても大衆的な、懐かしい雰囲気のお店でした。
 
 
@Naha
セットのスープとサラダ。このスープ、給食で食べたような、懐かしいお味。
 
 
@Naha
私はテンダーロインステーキのSを注文。
キャンペーン中で、ライス付のセットで1,500円でした。
奥に見える、No.1というソースをたっぷりかけて♪
  
地元で有名なお店らしく、芸能人のサインがいっぱい。
偶然にもちょうど、スピードのボーカルのコがご家族で食べにきてました。
スッピンでとっても普段着な感じで!?
地元では飾らずがごくごく普通な感じなのでしょうね。
  
腹ごしらえをした後は、南部の方にドライブに。
が、もうすでに空は真っ暗。雷がピカピカ光る空。
雨こそ降ってはいないけど、街を離れるに連れて、
ただの真っ暗な田舎道、何もない。笑
空だけ光ってて、ちょっと不気味な感じ^^;

一応ぐるっと巡って、帰りにコンビニ寄って、
朝ごはん買ってホテルに戻って就寝。

めったに楽しめない海を満喫して、大満足な1日となりました♪
 
 
  
3日目へ続く。
沖縄1日目
JUGEMテーマ:沖縄

悩んだ挙句、旅の行き先は結局沖縄に。
日程のこととかで他の場所も考えたけど決まらず、
沖縄の梅雨明けあたりを狙って、7/1(水)〜7/5(日)で
最初から行きたかった沖縄へ行ってきました。

でもほんとは沖縄でも竹富島とか離島でのんびり島時間を
過ごしたかったのだけど、オットは沖縄が初めてだったので、
今回は沖縄本島でゆっくり過ごすことに。

那覇のホテルに滞在。(←注意!ホテルのサイト、音がでます)
モノレールの旭橋駅のまん前。
空港からも比較的近いのでとっても便利でした。
何より2人で1部屋1泊11,000円位と安い。
朝食はなしにしたけど。

カメラはコンタくんとクラッセSとGRD2を。
今年で期限が切れそうなカラーネガフィルムを
10本ちょっと持って行ったけど、
写真旅行でもないので、そうは撮れず。笑
半分くらいかな。給水塔ばかり撮ってたかも。笑

でも旅の記録として、GRD2が大活躍でした。
それにしてもGRD2、久々に使ったような。笑
 
 
GRD2
どんより曇り空 @羽田空港  

7:55発予定の飛行機で那覇へ。
結局30分くらい出発が遅れたけど。
 
 
GRD2
空が青いー!!!眩しいー!!!@那覇空港

2時間半位で那覇に到着。
着いたら一転、南国そのものの青空に感動。
一気に夏気分。

レンタカーを借りて、まずは昼食を。
そうそう、レンタカーもめちゃ安で、5日間でなんと15,000円位。
小型カーで、きれいではなかったけど、問題ない範囲。
 
 
GRD2
お昼はおすすめと聞いていた沖縄そば屋さんへ
ホテルの近くでした。
懐かしい感じの看板と青空に気分がまた盛り上がる。笑
 
 
@Kamekamesoba
 
@Naha
大衆的なおそば屋さん。地元の人と、観光客で賑わってました。
 
 
@Naha
中庭のテーブルに着席。
   
 
@Kamekamesoba
沖縄そば。結構ボリュームあり。
手打麺、おだしがしっかりきいたスープが
とってもおいしかったです。
 
 
@Kamekamesoba
そば屋を後にして、次は三線体験教室に行ってきました。
 
  
オットがネットで調べて、先生のご自宅で2時間の体験コースを予約。
私は、はなから弾けるつもりはなかったけど、
ほんとに全然弾けなくて、先生が何を言っているのかも言葉が理解できず。
でもご自宅にお邪魔して、いろいろお話も聞けてとってもいい体験ができました。
 
 
その後は、首里城へ。
あいにく点検か何かで、中には入れなかったので、周囲を散策。
  
@Shurijho
修理中の首里城。色がとっても鮮やか。
 
 
@Utakisekimon
こちらは世界遺産に登録されている御獄石門(ウタキイシモン)
 
 
@Utakisekimon
この時はよく理解していなかったのですが、
この御獄(ウタキ)というのがその後、非常に重要なものだということに、
後々気づくのですが。
 

sanpincha
それにしてもこの日は暑かった!
さんぴん茶うまい^^

 
@ishidatamido
首里城近くの石畳道の途中で。
かわいい黄色い花と青い空がとってもきれい。
 
 
@ishidatamido
この石畳をずっと下って行きたかったけど、
首里城の近くのパーキングに車を止めていたので、
ここで引き返すことに。


@Asahibashi
ホテル一旦戻って、安里にある居酒屋をモノレールで移動。
 
 
@Urizun
目当てのお店に到着。
 
 
@Urizun
人気店のようでしたが、予約なしでなんとか入れました。
 
 
@Urizun
とっても雰囲気のあるお店で、定員さんも親切。
 
 
@Urizun
ナーベラーンブシー
へちまを豆腐と一緒に味噌で煮込んだもの。
ちょっと甘めでやさしいお味。


@Urizun
海ぶどう
海の味がして、プチプチした食感がおいしい。
  
 
@Urizun
島豚ソーキの塩焼き
塩味のスペアリブ。レモンを絞ってさっぱりと。
 
 
@Urizun
ドゥル天。めちゃうま。
田芋と豚肉とかまぼことしいたけを揚げたもの。
 
 
@Urizun
クワンソウの炒め物。何かの茎。
ねぎをつぶしたような食感で、シャキシャキした食感がとってもおいしい。
臭みもなし。

どれもこれもおいしくて、かなりおすすめのお店です。
 
沖縄料理を堪能した後は、国際通りを通ってホテルまで歩いてみました。
  
途中で、ブルーシールのお店を発見したので立ち寄って
アイスクリームをいただく。

BLUE SEAL
黒糖味。
 
  
BLUE SEAL
ウベ味。

大好きなんです、ブルーシールのアイスクリームが。
おいしくてこれまた満足♪
 
 
 
2日目へ続く。
ソウル3日目

さてさてやっと3日。笑

風邪と二日酔いで当然朝起きれず。
ホテルの朝食は9時半迄で、
目が覚めたのが9時。

私はすぐに仕度ができそうもないので、
夫を起こし、朝食へ1人で行って貰い、
私の分のパンと飲み物は持ち帰ってもらう。笑

新郎達も同じホテルに宿泊してて、
前日の話では、朝食を一緒に食べようとか、
午前中、お釈迦様の誕生のお祭りに行こうとか
話をしてたけど、あの夜の様子じゃ、
きっとみんな起きてないだろうし、
私もとっても無理。。。

夫が、新郎に電話するも通じず、
朝食のレストランにも彼らはいなかったと・・・

チェックアウトが11時だったので、
チェックアウトを11時前にすませ、荷物は預けて、
昨日行けなかった景福宮へタクシーで目指すも、
今日はお祭りだから道が通れないとかなんとか
タクシーの運転手さんに言われて、すぐに降ろされてしまう。

CX1×toycamera34
お釈迦様の誕生のお祭りをしてて、
メイン通りが通行止めになっていました。
民族衣装?を着た人達がたくさんいて、
露店は、食べ物とかではなく、
絵を書くとか、何か作るとか、
参加型の露店が出てました。

CX1×toycamera34
歩いて景福宮にやっと着いた頃にはもう、12時前。

CX1×toycamera34
14時前のリムジンバスに乗りたかったので、
あまり時間はなく、結局、景福宮の前で記念撮影して
ホテルに戻ることに。

最後の食事だし、プルコギが食べたいなーと思って、
ホテルで近くにあるプルコギが食べれるおすすめのお店を聞いて、
そこに行ってきました。(今回はちゃんとたどり着けました^^)
チェーン展開されてるファミリーレストラン風のお店でしたが、
とってもおいしかったです。

さていよいよ空港に向かいます。
ホテルに戻り、荷物を受け取ったら、
新郎からのメッセージが。
電話をすると、近くで朝食?昼食?を取っていたらしく、
ホテルまで来てくれて、最後の挨拶をして、バス乗り場へ。
そして無事リムジンバスに乗ってインチョン空港に到着。

搭乗手続きをして、セキュリティチェックなどを通過し、
出国手続きをしたあとで、スーツケースのTAXの払い戻しが
できるカウンターへ。
が、しかし!レシートだけでは払い戻しが出来ないとのこと。
購入店で、申請書類を作成してもらわないといけなかったらしく。
そうではないかと思ってはいたけど、お店の人がレシートだけで大丈夫と言えば、
初めての国で事情が分からず、定員さんに従うしかなく・・・
高額な買い物ではないから、しょうがないかと諦めもつくけど、
なんか損した気分ー(-_-;)

DUTY FREEでは実家にキムチを、職場へは唐辛子入りチョコを購入。
ウォンの現金をいい感じで使い切る。

結局、今回の旅は、ゆっくり買い物もできなくて、
友人へのお土産も買えず、せっかく韓国に来たのに、
ショッピングもせず、買ったのは、スーツケースと、
持ってくるのを忘れた歯ブラシと歯磨き粉と、あと飲み水ぐらいで。
(元々、海外旅行に行っても、高額な買い物ってしないけどね)

メインが結婚式だったので、時間がないのは仕方がないけど、
なんか、旅の不完全燃焼というか、やはりもう少し、
普通の旅がしたいなぁとうずうずしてたりして^^;

トラブルがあったり、正直いい加減な印象もあるけど、
親族のご家族と交流させていただいて、あらためて思ったのは、
一旦仲良くなってしまうと、ほんとにフレンドリーで
すごく優しい方々ばかりなんですよね^^
素敵な出会いと、人柄に触れる機会があって、
とっても嬉しかったです。行った甲斐がありました♪

 *

さて、たった3日間なのに、この長い長い旅行記。笑
しかも旅って感じでもなかったかな^^;

長文にて大変失礼しました!

やっと終り〜。笑

ソウル2日目(3)

会場に到着ー!

新郎新婦は、新郎がスウェーデン人(夫の同僚)で、
新婦が韓国人というカップル。
今回の結婚式の情報といえば、出席者が300人位来るらしいよ。
というものだけ。

さて、どんな結婚式になるんだろうと興味深々でした。

会場に着けばたくさんの人でごった返していましたが、
関係者なのか、別の結婚式の方々なのか、良く分かりません。
子供もたくさん来ていて、軽装の人もたくさんいるし、
韓国の伝統衣装を着ている方もいるし、様々。

会場は、日本で言うところの結婚式場と
同じような施設ではないかと思います。

受付に新郎とそのご家族が。
新婦は式まで新郎を顔を合わせない様に?
という配慮からだと思うのですが、別室にいて、
代わる代わるみんなが写真を撮っていました。
新婦の方とは、私は初対面だったのですが、
それはそれは美しい奥様でしたよ〜♪

式は近しい人だけが、参列できて、
それ以外の方は、食事の席でのモニターで
様子を見ていたようです。

CX1×toycamera34
まず、教会式の儀式から。

牧師さんの話に合わせて、参列者が「アーメン」という
場面が度々あったのですが、韓国語ですし、
全くタイミングがわかりません。汗

あと、賛美歌を何曲が歌ったのですが、
これもまた、一体どの曲を歌っているのが
(英語標記の式次第が配られていたのですが)、
探している間に、曲が終わってしまって歌えず。
ちょと気まずい。。。笑

CX1×toycamera34
長い長い牧師さんの話と、新郎新婦の宣誓が終わった後で、
ママさんコーラス隊?が登場。
「サランヘヨ〜」ってところだけは分かりました。笑
このママさんコーラス隊、新婦とゆかりのある方なのか、
また全く関係がなくて、単なるショーなのか謎です。

CX1×toycamera34
その後は、オペラが始まりました。
素人にしては上手すぎる。
きっとプロか音大出身の方かだと思うのですが、
これまた新婦との関係があるのかどうか謎は深まるばかり。


CX1×toycamera34
式が終わった後は、食事の会場にてお色直しをした
新郎新婦が、乾杯のために登場。

食事はブッフェ式になっていました。
300人ですからね、そりゃそうだ〜^^

さて、やっと食事だ〜と思って食べ始めたところで、
今度は韓国式の伝統的な儀式をやるので、
ご興味ある方はどうぞ。といわれ、もちろん、
食事よりも儀式を見ないとね、と移動。

CX1×toycamera34
韓国式の一室にて、新郎新婦が親族の方々へ
順番にご挨拶。
それをみんなで見守っている、そんな儀式でした。
右に立っている女性が、手順を教えてくれて、
それに沿って儀式が進みます。

これは推測なのですが、昔はきっと、
新郎新婦が結婚の際に、各親族の家に
ご挨拶に回っていたのではないかと。
現代は、それをこの一室で代用しているのでは?
実際のことはご本人に聞かないと分かりませんが。

ご両親達、おじさんおばさん達、おばあさまへ
新郎新婦からご挨拶して、最後に、新郎新婦へ
新婦の弟さんと新郎の妹さんが挨拶して終わりました。
40分位はかかったかな?

儀式が終わって、その後、食事の場所に戻ったら、
あんなにたくさんいた人々はすっかりいませんでした。
もう帰ってしまったみたい。驚

親族と近しい知人達で残りの食事をいただきました。
ここに1時間位いたでしょうか。
とってもアットホームな雰囲気で、
両親族とも、ものすごく仲がいいのです。
もうすでに一家族のようでした。
そんな中に自分たちもいて、
なんだか私たちまで家族になったような
雰囲気で、とても嬉しかったです。

日本の結婚式の方が、もっと堅苦しいのではないかな?!

で、その食事の間、韓国の焼酎を、まぁみなさん飲むは飲むは。
私はアルコールが強くないので、飲んでなかったのですが、
新婦のお父さんに注がれてしまって、
これは断るわけには行きません。
小さいグラスに4杯位飲んだかな。
その後、風邪気味だったのと、酔ったのとで、
頭が痛いわ気持ちが悪いわー(-_-;)
ちょっと具合が悪くなってしまったのですが、
みなさんとは楽しく交流することができました。

その後は、ソウルに戻って二次会へ。
といっても会場は決まっていないので、
場所を決めてそこで集合。野外です。笑
ミョンドンではない、若者で賑わうクラブなどがある
地区だったのですが、名前を忘れました。

この待ち&移動時間が、寒いのなんのって。
10℃よりも確実に下回っていたと思います。
一応ジャケットは着てたけど、
ノースリーブのワンピだけでは、
もうバツゲームのように辛かった・・・
しかも具合が悪かったし。

目当ての店はどこも混んでいたので、
二転三転とみんなで凍えながら、移動し、
結局、カラオケバーにたどり着きました。

私はもうその時点でかなり限界で、
声もガラガラだし、みんなの様子を見守っているだけで、
一緒に盛り上がれなったのは残念でしたが、
同じカラオケでも日本とは雰囲気が違うなぁと
興味深々で見てました。

韓国の方、みなさん歌が上手で、
しかも女性人はダンス付!
レベルがとっても高いのです。

とっても盛り上がっているので、終わる様子もなく、
私も限界の限界が近づいたところで
私と夫と一緒に来ている同僚の方と
先に退席することにしました。

タクシーでホテルに戻って、何とか着替えだけして、
その日はそのまま寝てしまったのは言うまでもありません^^;
時間はたしか午前2時位だったかな。

続く